ABOUT

ONE PARK FESTIVALについて

街全体が一つのテーマパークになる音楽フェス

ONE PARK FESTIVAL in Fukui

「ここでジャミロクワイのライブやったらサイコーやろうね」
※注 ジャミロクワイの出演予定はいまのところ、ありません!あしからず

JR福井駅 徒歩5分
歓楽街 徒歩3分

ONE PARK FESTIVALのメイン会場となる福井市中心市街地のまさに中心「福井市中央公園」は、福井で音楽活動を行う多くのひとたちにとって、いつの日かここでフェスティバルを開催できたら。いい音楽を存分に楽しむことができたら。なんて、そんな夢の場所でした。

公園の改修が行われることを知り、具体的な構想は約3年。

新元号公布後の2019年の7月6日、7日。
たくさんの方々のご支援をいただき、その日はついにやってきます。 ONE PARK FESTIVALの開催をお知らせできることは大きな喜びです。

この7月に、どうぞご期待ください!

街全体が一つのテーマパークになる
音楽フェスティバル

ONE PARK FESTIVALは、有料会場である福井市中央公園<パークフィールド>にチェックイン後も自由に会場外へ、すなわち街へ!行き来できるのです。2日通しリストバンドさえゲットいただければ、再入場可能!まるでヨーロッパで開催されているフェスのようですね!
※都度、持ち物のチェックをさせて頂きます。

中心市街地で開催される都市型フェスといわれる形態で再入場が可能ということは、例えばお昼に大好きなアーティストのライブを体感して、一度街に繰り出し、ショッピングを楽しんでまた会場に戻る。なんていう遊び方もアリ!近隣のホテルやはたまた地元の方は自宅にて、体力を温存してメインアクトに備える、なんていう遊び方もできちゃいます。

パークフィールド内にも魅力的なフードコート・ショッピングコートをご用意していますが、福井中心市街地もぜひ、ご体感ください。また、パークフィールドの周辺でも、どこかで、だれかが、楽しいなにかを開催していることでしょう。
周辺催事や、この日楽しんでいただける福井中心市街地の情報も、ホームページ等でおしらせさせていただきますね。

街全体が一つのテーマパークになる音楽フェスティバル

福井のミュージックフリークたちが集まり、
大きなうねりとなった組織

ONE PARK FESTIVALは福井で音楽活動を行う2人の立ち話から始まりました。発起人、というやつですね。

どんなフェスにしようかー?なんてまだ思案している中、福井県越前市出身で、SOIL&"PIMP"SESSIONSというバンドのアジテーター(※注 フロントマンのようなお立場です)としいて活動する社長(※注 アーティスト名)に、開催に向けいろいろとご相談をさせて頂いていました。 そんな中、発起人がオーガナイズする福井凱旋ライブ出演中の社長より「来年、フェスやります!」というフライングの一言がステージから!まさにアジテート!(2年、かかりましたよ・・)社長にはこの責任を果たしていただく形で(笑)音楽顧問としてONE PARK FESTIVALの一員に加わって頂くことになりました。3人目の発起人です!

また、その後集まった志を同じくする5名の仲間、運営チームのリーダーたちはみな、約15~25年この福井の地で音楽活動を行うアーティストたちです。 このメンバーを中心に、次の福井の音楽シーンを担う若い世代も加わり、運営チームが組織されていきました。 ONE PARK FESTIVALは、地域で活動するアーティストたちによる地域の音楽シーンに深く根ざした音楽フェスティバルです。 いつの日かこのことがより特別な意味をもち、福井に独特のミュージックシーンを築くこと。これもONE PARK FESTIVALのミッションの一つです。

その他にも、国内外に影響力をもつミュージックエンターテイメントの重要なファクターの一つ、スペースシャワーネットワーク社の会長である清水さんも、なんと福井県鯖江市のご出身。 忘れもしません!ホテルニューオータニのロビーで開催にむけアドバイスを頂く中で、「街全体が一つに」というコンセプトをいただき、個人のお立場で顧問としてチームに加わっていただくことになりました。

福井のミュージックフリークたちが集まり、大きなうねりとなったチーム

地域とのかかわり

さて、福井市の所有地である中央公園での開催にあたり、はたして福井市のご担当者はこの場所を提供してくれるのだろうか。不安を抱えたメンバーは、まちづくり福井(株)という会社を訪れ事情を説明。ありがたいことにこのフェスティバルにご賛同いただき、実行委員会事務局を担っていただくことになりました。

そして一緒に市役所への説明にうかがったところ、ご担当部署の皆さまから街をにぎやかにすることへの熱い想いを逆に頂戴することに。地元企業さまの後押しもあり、なんと東村新一市長が名誉実行委員長にご就任いただけることになりました。

また、ご紹介がご紹介をよび、福井の酒造組合の青年部的位置づけとなる青醸会の会長、JR西日本福井支店の方など、、この福井でご活躍中の多くの皆様に実行委員に加わっていただくことになりました。

たくさんの方々に福井の街を体感してほしい。魅力を知っていただきたい。

そんな想いを持つさまざまな方とONE PARK FESTIVALをご一緒させていただけることになりました。

これまでの音楽フェスティバルにはない特別なチームで、音楽を中心としつつ、魅力ある福井のコンテンツを皆様へお届けする準備を進めています。

街、地域とのかかわり

皆さまひとりひとりの心づかいがONE PARK FESTIVALをさらに特別なものにしていくでしょう。
街中であるがゆえに、求められるマナーやモラルもあるかもしれません。

このフェスティバルは新しい音楽との出会いはもちろん、ひと、もの、食、そして街。さまざまな交流、ふれあいを目的としています。

この週末はぜひ一緒に。魅力的な一つの「テーマパーク」をつくり上げましょう!