About ONE PARK REMAINS
in ASAKURASHI ISEKI

ONE PARK FESTIVALクルーが特別史跡一乗谷朝倉氏遺跡で開催する、歴史・風土を体感する特別であたらしいCAMP in FESTIVAL< ONE PARK REMAINS in ASAKURASHI ISEKI >

LIVEステージ&フロアに加え、YAEI CAMPや戦国サウナといった、人気のアウトドアコンテンツをベースに歴史体感をいただくゾーン。

また、昨年11月開催のONE PARK Restaurantクルーが再結成により、福井の味覚を堪能いただけるフードゾーンが一乗谷朝倉氏遺跡にこの週末限り出現いたします!

加えて、イベント参加者はリストバンドにて復原の町並の入場、散策も可能!

「歴史文化資源」や「食」をグッドミュージックと共にお楽しみ下さい!

ASAKURASHI ISEKI 一乗谷朝倉氏遺跡

一乗谷にある朝倉氏遺跡は、戦国時代に朝倉氏五代が103年間にわたって越前の国を支配した城下町跡。一時は明智光秀が仕え約10年間をこの地で過ごした。1500年代では最も人口密度の高い街として繁栄し、この間京都や奈良の貴族・僧侶などの文化人が訪れ、北陸の小京都とも呼ばれていた歴史文化の深いエリアである。
武家屋敷・寺院・町屋・職人屋敷や道路に至るまで町並がほぼ完全な姿で発掘され、国の重要文化財・特別史跡・特別名勝に三重指定されている。三重指定をうける文化資源は京都金閣寺、銀閣寺や広島の厳島神社など、国内では他に六例しか存在しない貴重な資源である。また、本年は特別史跡指定50周年、特別名勝指定30周年のメモリアルイヤーでもある。

  • 一乗谷朝倉氏遺跡
  • 一乗谷朝倉氏遺跡
  • 一乗谷朝倉氏遺跡
MAP

ARTIST アーティスト

  • BRUTAL LIPS

    SHACHO+Tabu Zombie from SOIL&"PIMP"SESSONS feat Midorin&Kohei Morita

    SOIL&”PIMP”SESSIONSのタブゾンビ(Tp)と社長(DJ)による、空間系Electric Improvisation + Meditation Project、”BRUTAL LIPS”。空間の揺れをコントロールすることにより、アストラル体を解放、小宇宙と接続し、マカバを活性化させ、高次元への転位を目的とする。今回のセットではSOIL&”PIMP”SESSIONSからみどりん(Ds)、そしてタブゾンビと同じ鹿児島出身でPrimitive Art Orchestraのベーシスト、森田晃平氏をフィーチャーし、ONE PARK REMAINSだけのスペシャルセッションをお届けします。

  • HIAMOND DEAD HULA

    ZEEË / Zeeëbodem

    Ik weet helemaal niet tot waar of tot wie een zee behoort. Maar Haruki Murakami zegt; "Als ik teveel naar de zee kijk wil ik mensen zien, en als ik teveel naar de mensen kijk wil ik de zee zien." Daarom vraag ik me altijd af of er zes of zeven zeeën echt bestaan.

  • 皇帝魚&雅犬ト鴉

    雅犬と皇帝魚は2011年3月11日一乗谷朝倉氏遺跡で、あの東日本大震災の揺れを感じる。現代の朝倉四季を残そうとm.i.c film制作により曲と映像を残す。鴉は空を泳ぐかの様に、魚は水中を飛ぶかの様に、犬は森を駆け抜け月に吠える。

  • Licaxxx

    東京を拠点に活動するDJ、ビートメイカー、編集者、ラジオパーソナリティ。2010年にDJをスタート。マシーンテクノ・ハウスを基調にしながら、ユースカルチャーの影響を感じさせるテンションを操り、大胆にフロアをまとめ上げる。 2016年にBoiler Room Tokyoに出演した際の動画は40万回近く再生されており、Fuji Rockなど多数の日本国内の大型音楽フェスや、CIRCOLOCOなどヨーロッパを代表するクラブイベントに出演。日本国内ではPeggy Gou、Randomer、Mall Grab、DJ HAUS、Anthony Naples、Max Greaf、Lapaluxらの来日をサポートし、共演している。さらに、NTS RadioやRince Franceなどのローカルなラジオにミックスを提供するなど幅広い活動を行っている。 さらにジャイルス・ピーターソンにインスパイアされたビデオストリームラジオ「Tokyo Community Radio」の主催。若い才能に焦点を当て、日本のローカルDJのレギュラー放送に加え、東京を訪れた世界中のローカルDJとの交流の場を目指している。 また、アンビエントを基本としたファッションショーの音楽などを多数制作しており、Chika Kisadaのミラノコレクションや、dressedundressdの東京コレクションに使用された。

  • naomi paris tokyo

    jan and naomiのnaomiのソロ名義。jan and naomiは2012年結成後デュオとして活動開始し、2014年に1stシングル『A Portrait of the Artist as a Young Man/time』のリリースを皮切 りに、2016年にはフジロックフェスティバルに出演。ファッションショー、教会、アートスペースなどでライブを行い、国内のみならず、アジア圏でのツアーを成功させるなど、彼らの音楽に寄り添う独自のパフォーマンスを切り開いている。2020年5月20日、janとnaomiがそれぞれプロデュースをしたアルバム『YES』と『Neutrino』を同時発売し、naomiプロデュースの『YES』はApple Vinegar Awardsにノミネートされた。 naomi paris tokyo名義では、 2020年12月に1st EP”21SS”、2021年7月には2ndEP”21FW”を発表。

  • OLAibi+KOM_I

    OLAibi:モンゴルをルーツに持ち、18歳でドイツに渡り電子音楽や現代音楽に触れる。 その後、太鼓を中心としたマルチアーティストとして活動を始め、 OOIOOのドラマーとして活動後、広大な森に移り住み 年月をかけ森の生物の生態と音を録り続けている。 様々な国、民族の言語を全てカタカナに置き換え、語感と言霊を頼りにリリックを綴り、 そこにドラム、民族楽器、おもちゃのキーボードなどをサンプリングしたビートと、 住う森の音を織り重ねパフォーマンスを行っている。
    KOM_I:歌手・アーティスト。1992年生まれ、神奈川育ち。ホームパーティで音楽活動の勧誘を受け歌い始める。「水曜日のカンパネラ」のボーカルとして、国内だけでなく世界中のフェスに出演、ツアーを廻り、その土地や人々と呼応しながらライブパフォーマンスを創り上げている。 好きな食べ物は南インド料理。趣味は世界各地に受け継がれる祭祀や儀礼を見学すること、唄や踊りを習うこと。

  • YOSI HORIKAWA

    環境音や日常音などを録音・編集し楽曲を構築するサウンド・クリエイター。 2012年のEP『Wandering』2013年の初アルバム『Vapor』、2019年の2ndアルバム『Spaces』それぞれTime Out、The Japan Times、The Guardian等、多数媒体のBest Album of the yearに輝く。 リリースの度にワールドツアーを行い、Glastonbury Festival, Sónar Barcelona, Dimensions Festival, Ozora Festival, Gilles Petersonが主宰するWorldwide Festivalを始めとする多数の世界的大型フェスティバルや、イギリス発ライブストリーミングチャンネルBOILER ROOM London、ロサンゼルスの伝説的イベントLOW END THEORY等に出演。 また2014年には自身の音楽制作過程を追ったドキュメンタリームービー「Layered Memories」が完成し話題をさらった。 楽曲リリースの他、光州デザインビエンナーレにおいて建築家隈研吾の作品のためのサウンドデザイン、日本科学未来館におけるiPS細胞関連の常設展示でのサウンド、イタリアの革製品ブランド〈Furla〉やファッションデザイナーKansai Yamamotoのコレクションやブランド音楽の制作、700年以上の歴史を持つ静岡県沼津市大中寺の庭園にてマルチチャンネルサウンドインスタレーション等を制作。 空間音響デザインのシーンでも高く評価されており、東急プラザ銀座内〈METoA Ginza〉のエレベーターのサウンド・デザイン、八丁堀に誕生したSound & Bar〈HOWL〉のサウンドシステムを担当し、会場のスピーカー設計・製作を手がけるなど、幅広い分野において活動している。

  • YOU-HEY

    2005年より福井を拠点に活動するドラムンベースDJ。 ジャンルを問わず様々なクラブ、屋外フェスに出演し着実にキャリアを積み、2011年には自身がオーガナイズする北陸唯一のドラムンベースパーティー"DUAL"を始動。 国内外トップアーティストを福井に招聘するなど、福井そして北陸ドラムンベースシーンに欠かせない人物である。

TICKET チケット

10/18 発売開始

LIVEzone チケット (福井県内の方 11/21 sun Only)

¥4,000(税込)

福井県民対象の「ふくい de お得キャンペーン」でのみご購入できます。

下記6店舗で直接お買い求めください。割引価格でご購入いただけます。(福井県民対象)

LIVEzone チケット (福井県外の方 11/21 sun Only)

¥5,000(税込)

購入はこちら

L : 53644

11/18 12:00より予約受付開始

Spécialité Course (11/21 sun Only)

¥55,000(税込、LIVEzone チケット料込)

昨年11月開催されたONE PARK Restaurantにて話題を呼んだ野外レストラン〈Spécialité Course〉チームが再結成!
シェフ同士の親交も深い県内の人気店3店舗(cadre、みや崎、鮨十兵衛)による和洋折衷のフュージョンコースに加え、今年はcadreよりオーナー林真史氏&ソムリエ関水伸将氏、cadreクルーを中心にOSTERIA DEL CAMPAGNE(金沢)ソムリエ堀友磨氏、A_RESTAURANT(金沢)ソムリエ垣内大樹氏といった、北陸の若きソムリエたちが集結しチョイスされたペアリングにも注目。

LIVE ZONE入場者皆さまにご用意させていただいておりますアラカルトには、上記3店舗に加えこの地域、また福井市内の名店や人気のフェス出店店舗がオープン予定です!

完売

発売中

テントサイトチケット

¥20,000(税込、LIVEzone チケット料込)

購入はこちら

L : 55830

チケット詳細

無償レンタル

  • テント1張り
  • 椅子2脚 火鉢(炭つき)
  • 電源1口(1,500wまで)

特典

  • 日曜日のライブゾーン入場券2枚
  • 土曜日の夕食チケット2枚
  • 日曜日の朝食チケット2枚
  • キャンパー専用駐車場1台分

注意事項

寝袋やエアーマット、毛布など寝具、寒さ対策の防寒着は各自でご用意ください。
電源は用意させていただきますがテントまではドラムリールなどで各自引き込みをお願いいたします。
自前の焚き火台やバーベキュー台の持ち込みは禁止です。
深夜、早朝はかなり冷え込みますので充分お気をつけください。
※詳情報・注意事項はオフィシャルサイトにてご確認ください。

発売中

戦国サウナ

事前予約/¥2,500(税込)・当日参加/¥3,500(税込)

今回音楽フェスに併設する形で戦国時代をモチーフにしたサウナイベント「戦国サウナ」
数百年前の時代へのタイムトリップを楽しめる外気浴スペースも用意し、開放感溢れるアウトドアサウナでの“ととのう”が体験できます。100℃を超えるテントサウナ、お好きな頻度でセルフロウリュ、雪国北陸の風で体を冷やし、整いゴザで安らぎを。ここだけでしか得ることができない唯一無二を体験ください。

Chanoyu Talk Session トークセッション

  • シナダタカシ

  • 草彅 洋平

  • 浜田 岳文

  • 清水 英明

  • MISATO

ONE PARK FESTIVALクルーが特別史跡一乗谷朝倉氏遺跡で開催する、歴史・風土を体感する特別であたらしいCAMP in FESTIVAL〈ONE PARK REMAINS in ASAKURASHI ISEKI〉

フェスクルーとの親交も深く、今回のONE PARK REMAINSのテーマに沿った業界有識者を招き繰り広げられるトークセッション〈Chanoyu Talk Session〉

地域の「味」を掛け合わせた味噌汁を茶の湯に見立てた味噌湯」という名の食べるアート活動を各地で行っている、シナダタカシ氏

2021年、「日本サウナ史」を上梓、第1回日本サウナ学会文化大賞受賞者。フィンランド政府観光局公式フィンランドサウナアンバサダーでもあるサウナのスペシャリスト草彅 洋平氏

「OAD Top Restaurants(OAD世界のトップレストラン)」のレビュアーランキングで3年連続で世界第1位。世界No1フーディとして知られる浜田 岳文氏

そして鯖江市出身でスペースシャワーネットワーク 社長・会長そして吉本興業副社長を歴任、明智光秀公顕彰会役員にも名を連ねる歴史通、清水英明氏を招き、モデレーターMISATOとともに各界の有識者が見据える地域の高付加価値のこれからを基調としたトークセッションを行います。

SANSUI CRAFT MARKET サンスイクラフトマーケット

  • SAVA!STORE

    SAVA!STORE は福井県鯖江市に拠点を置くデザイン事務所「TSUGI」が運営する、デザイン性とストーリー性の高い福井のグッドプロダクトが並ぶお土産物店です。 歴史を受け継ぎ、現在そして未来に向けて、脈々と時代に寄り添う商品をつくり続ける福井のものづくり。 SAVA!STORE では素材の特徴や製造工程、使い方、作り手の思いを丁寧に伝えることで、領域を超えた新しいコミュニケーションの場として、作り手と使い手をつないでいきます。

  • トリノコノート

    100種以上の和紙をあしらった表紙のノートやもみ紙の名刺入れなど和紙雑貨を販売しています。あまり知られてはいませんが、越前は日本屈指の和紙の種類を持つ産地です。全ての和紙は印刷ではなく、製紙技術によって柄を作っており、越前の製紙会社約36社のこだわりの色々な和紙の柄をご覧頂ければ嬉しいです。 ノートは中紙はなめらかで書きやすいドット方眼紙、B6サイズ、50枚/100ページ。手持ちでも書ける様、表紙と裏表紙をかなり厚めにしています。

  • tesio

    まぶしい日差しや防ぎたい紫外線、目に良くないことは分かっているけど、ついついそのままにしてしまう。でも、サングラスって手を出しにくい。掛けてみるけどしっくりくるサングラスが見つからない。自分の服や雰囲気に合わなかったり、どのブランドがいいのか分からない。問題というほど大きくないけど、満足できるサングラスがあれば掛けたい。tesioは日本人の鼻高や頬骨などに合わせて設計した、日本人に掛けて欲しいサングラス。ただ軽くするだけでなく掛けた時の重心も考えることで、重さを感じにくく、フィットしてずり落ちにくい気持ちいい掛け心地に。スタンダードな形と肌馴染みしやすい色、淡いレンズによって季節を問わず掛けやすい。そして、修理が必要な時は作った職人におまかせください。お気に入りを永く使ってほしい、眼鏡工場が作るサングラスだからできるご提案。ありそうでなかったちょうど良いサングラス、それがtesioです。

  • レピヤンリボン

    レピヤンリボンは、大正時代に創業した福井県の細幅織物工場がつくる、可愛くて、どこか懐かしいリボンと小物のブランドです。リボンはいつの時代でも女の子を飾る特別な存在。 時代と時代、文化と文化が混ざりあったとき、不意に生まれる可愛らしさをリボンに詰め込んでお届けします。レピヤンリボンのつくるリボンはデザインから製造までのすべてを私達が手掛けた、 唯一無二のオリジナルリボンです。このオリジナルリボンは国内最大のチロルリボン工場で一本ずつ丁寧に織り上げられています。

  • Food Paper

    Food Paperは、越前和紙の老舗工房「五十嵐製紙」が手掛ける、廃棄される野菜や果物から作られる紙文具ブランドです。洋紙でも和紙とも違う独特な風合いが特徴で、環境に優しい紙文具ブランドとして、紙の可能性を広げていくことを目標に生まれました。Food Paperは、フードロスとして捨てられる野菜や果物を使用しています。そして作り方はとても伝統的。手漉き和紙と同じプロセスでつくることができます。さらに機械抄きにも対応できるので量産もできることがわかりました。和紙漉きで培った伝統的な技法を用い、かつ教育的な紙文具ブランドとして、洋紙でも和紙でもない自然紙として、紙の可能性を広げていきます。Food Paperは三方よし。社会的にも産地的にも意味があって、いつか未来の定番紙になればいいなと思っています。Food Paper文具シリーズをお使いいただきながら、伝統工芸のサスティナブルなものづくりを感じていただけたらと嬉しいです。